1. HOME
  2. PHOTO
  3. 004 すべての「今日」のために。 写真家ハリー・グリエールが捉えた都営交通
すべての「今日」のために。
004 すべての「今日」のために。 写真家ハリー・グリエールが捉えた都営交通
PHOTO 004
すべての「今日」のために。

写真家ハリー・グリエールが捉えた都営交通

ベルギーに生まれ、パリに在住するマグナム・フォトの写真家ハリー・グリエール氏は、カラー写真の第一人者です。その彼にとってこの東京の、都営交通の風景はどのような色彩に思えるのでしょうか。コンクリートジャングルとも言われ、人々の服装も全体としてはモノトーンな印象の強い東京ですが、彼の写真を見ると意外にも、黄色や赤、そしてグリーン、ピンクが混ざっていることに気づかされます。

  • Harry Gruyaert ハリー・グリエール (1941年ベルギー生まれ)

    1941年ベルギー生まれ。14歳の時、父親からカメラをもらい暗室作業も教わった。ブリュッセルの映画学校で学び、卒業後パリでフリーの写真家として活動を始める。カラー写真を得意とし、グラフィックな色彩と卓越した造形美で多くの人々を魅了している。写真展はパリの美術館パレ・ド・トウキョウ(1986年)、ヨーロッパ写真美術館(2016)他、多数開催している。2018年にはアントワープ州立写真美術館で回顧展を開催した。コダック・クリティック・フォトグラフィー賞(1976)、フォト・エスパーニャ・ライフ・アチーブメント賞(2016)他、受賞多数。主な写真集に『Morocco』(1990)、『Made in Belgium』(2000)、『Rivages』(2003)、『Moscow1989-2009』(2010)、最新作『Edges』 (2018)などがある。1981年よりマグナムに参画し、1986年より正会員、2019年より寄稿家。

ーー東京には何度か来られていますが、その印象はハリーさんにとってどのようなものでしょうか。

「どこの都市にもそれなりの特徴はありますが、東京は他と少し違います。非常に纏まっていて、全てが正確です。東京に初めて来た時は、カルチャーショックでした。全てが整っていて、クリーンで、人々は厳格で。素晴らしい色使いの箇所と、興味深いカオスが混在していて。秩序の中に様々の色のカオスと、不思議なものがたくさん上からぶら下がっていて。人々には昼間の顔と夜の顔があったり。不思議な世界でした。酔っ払って大声を出したりしているかと思うと、次の日の朝は普通に戻っている。とても印象的、というか、おもしろい。」

ーー東京は来るたびに違いますか。

「もちろん毎回変わっています、変わらないものはありませんので、毎回同じではありません。必ず変わっているということしか確実ではありません。」

ーー都営交通の風景についてはどのようにお感じになられたでしょうか。

「大きな都市はどこもそうですが、場所によって随分雰囲気が違います。新宿とその他の場所とか。都電荒川線の沿線はまるで昔の日本映画のワンシーンのようでした。建築も、そこに暮らす人々も。新しい発見があるとワクワクします。都電は新たな東京に出会うことができて素晴らしかったです。窓からの景色や、他とは違う雰囲気だった終点の下町など。私が写真でいちばん好きなのは発見です。視覚的なインスピレーションが湧く発見が大好きなんです。」

マグナム・フォトについて
1947年、ロバート・キャパの発案で結成された、会員が出資して運営する写真家の集団。
写真家の権利を守るだけでなく、写真に備わる記録性と芸術性を組織の中で融合させドキュメンタリー写真の地位を揺るぎないものにした。
現在ではメンバーの数も50名を超え、ニューヨーク、パリ、ロンドンと東京に支社をおき、フォトジャーナリズム、コマーシャル、ファッション、アートなど、様々な分野にてグローバルな活動を続けている。

PROJECT TOEI インスタグラム、
やってます。
ページの先頭へ