1. HOME
  2. COLUMN
  3. 私の7つ道具 〜都営バス・東京さくらトラム(都電荒川線) 運転手編 運行の道しるべ「スターフ」(都営バス)
連載 私の7つ道具 〜都営バス・東京さくらトラム(都電荒川線) 運転手編
写真: 第4回 運行の道しるべ「スターフ」(都営バス)

都営交通で働く職員たちは、専門的な知識と経験が必要とされます。毎日のスムーズな運行と、お客様の安心と安全を守るため、都営交通を支える職員の仕事道具。今回は、都営バスと東京さくらトラム(都電荒川線)の運転手に欠かせない"七つ道具"を紹介します。

第4回運行の道しるべ「スターフ」(都営バス)

運行指示書とも言われるスターフは、営業所での点呼の際に運行管理者から運転手に手渡されます。スターフには、その日に乗る系統や出庫時間などが細かく記載されており、系統や曜日ごとに全く異なるダイヤを、一目でわかるように図式化しています。運行中に随時チェックするため、運転席の目の前に設置します。運転手がどの路線でも運行できるようにするため、平均していろいろな路線を乗るようにシフトを組んでいます。そのため、スターフはなくてはならないものです。

ページの先頭へ