20代におすすめのマッチングアプリ14選!アプリ選びの4つのポイントを解説

20代におすすめのマッチングアプリ14選!アプリ選びの4つのポイントを解説

20代の3人1人がマッチングアプリの利用経験あり!

「マッチングアプリって本当に出会えるのかな?」「怪しいイメージがあるけど大丈夫?」など、マッチングアプリに興味はあるけれど、不安に思っている20代の方も多いのではないでしょうか。

しかし以下の参考資料からも分かるように、今や「20代の方の3割近くがマッチングアプリを利用したことがある」という時代なんです!

参考:マッチングアプリの動向整理(三菱UFJリサーチ&コンサルティング)

本来ならたくさんの出会いが期待される大学生や社会人の方でも、サークル活動や飲み会が自粛されている影響で出会いの場が大幅に減少。そのため、コロナが流行し始めた2020年ごろから利用し始める人が一気に増えてきています。

これまでマッチングアプリで出会えなかったタイプの人もアプリでなら出会いやすくなってきているので、今こそマッチングアプリを始めるいいチャンスではないでしょうか?

この記事では、20代におすすめのマッチングアプリ14選を紹介していきます。アプリの選び方のポイントなども紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

おすすめマッチングアプリ人気ランキング14選❤️本当に出会えるアプリだけをプロが紹介

【目的別】20代におすすめのマッチングアプリ

まずはじめに、目的別におすすめのアプリを紹介します。

自分の目的に合ったマッチングアプリを見つける参考にしてくださいね。

恋活:タップル

タップル
アプリ名tapple / タップル
運営会社株式会社タップル
(株式会社サイバーエージェントの子会社)
運営開始2014年5月
累計登録者数1,500万
男性料金3,700円
女性料金無料
主な年齢層20代~30代
主な用途恋活,遊び,趣味友探し
tapple基本情報

恋活目的でマッチングアプリを探すならタップルがおすすめ。

タップルは累計登録者数1500万人を超えるマッチングアプリで、特に20代に人気のアプリです。

会員数が多いので、他のアプリと比べてもマッチングしやすいのが特徴。

検索機能が充実しているので、自分好みの相手も簡単に見つけることが出来ます。

婚活:ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結び
アプリ名ゼクシィ縁結び
運営会社株式会社リクルート
(東証プライム市場上場)
運営開始2014年12月
累計登録者数140万
男性料金4,378円
女性料金4,378円
主な年齢層20代~40代
主な用途婚活
ゼクシィ縁結び基本情報

婚活目的で利用するならゼクシィ縁結びがおすすめです。

ゼクシィ縁結びは有名なリクルートグループが運営するマッチングアプリで、名前を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

その知名度と安心感から、幅広い年代に支持されています。

ゼクシィ縁結びは、男性だけでなく女性も有料なので、積極性が強い人や婚活に真剣な人が多い傾向があります。

真剣に結婚相手を見つけたい人にはピッタリのマッチングアプリと言えるでしょう。

遊び:tinder(ティンダー)

tinder
アプリ名tinder / ティンダー
運営会社MG Japan Services 合同会社
(NASDAQ上場Match Groupの子会社)
運営開始2012年11月
累計登録者数非公表(世界1億ダウンロード)
男性料金無料
女性料金無料
主な年齢層20代~30代
主な用途恋活,遊び,趣味友探し
tinder基本情報

遊び目的で利用するならTinder(ティンダー)がおすすめです。

Tinder(ティンダー)利用者が世界NO.1で、若者世代を中心に人気を博しているマッチングアプリ。

男女とも無料で利用できるのでフットワークが軽いユーザーが多く、カジュアルな恋愛がしたい方にはぴったりなアプリです。

同性や海外の人など幅広い人とであうことができるので、恋愛としてだけでなく色々な使い方ができるのもこのアプリの特徴となっています。

20代のマッチングアプリの選び方のポイント4つ

1.会員数

まず一番初めに注意したいポイントは、アプリに登録している会員数です。

会員数が多いと、当然ながら出会いの母数が増えるのでマッチングしやすくなります。

特に地方に住んでいる人は「せっかく登録したのに会える距離に住んでいる人が全然いない!」ということになってしまいがちなので、会員数が多いマッチングアプリを選ぶようにしましょう。

2.目的

また、自分の利用目的に合ったアプリを選ぶこともポイントです。

「結婚を前提としたお付き合いがしたい」「恋活がしたい」「ライトに遊べる友達が欲しい」等、マッチングアプリを利用する目的は人によって様々。

自分の目的に合ったアプリを選ぶことで、理想の相手に出会える可能性が高まります。

マッチングアプリを選ぶ際には自分の目的を明確にしておきましょう。

3.出会いたい相手の年代

出会いたい相手の年齢にこだわりがある人は、そこも踏まえて選ぶことが大切です。

「同世代と出会いたい場合は比較的若い世代が多く利用しているマッチングアプリ」

「年上と出会いたい場合は、大人で代向けのマッチングアプリ」

など自分の性向に合わせて選ぶといいでしょう。

4.使用感

特にマッチングアプリ初心者の方に注意してほしいのが、アプリの使用感です。

左右にフリックするだけの簡単なものから様々な機能が充実しているものまで、アプリによって特徴は大きく異なります。

「張り切って登録したけどアプリを使いこなせていない」「もっとたくさんの機能があるアプリにすればよかった…」ということにならないためにも、自分に合った使用感のアプリを選びましょう。

20代におすすめの恋活マッチングアプリ6選

恋活におすすめのマッチングアプリを6つ紹介します。

1.タップル

タップル
アプリ名tapple / タップル
運営会社株式会社タップル
(株式会社サイバーエージェントの子会社)
運営開始2014年5月
累計登録者数1,500万
男性料金3,700円
女性料金無料
主な年齢層20代~30代
主な用途恋活,遊び,趣味友探し
tapple基本情報

タップルは累計登録者数1500万人を超える、人気のマッチングアプリ。特に18~20代の会員が多く、主に恋活目的で利用されてます。

タップルは相手をスワイプで選んでいく形式なので、操作も簡単で初心者でも使いやすいアプリです。

とにかく会員数が多いので、マッチングのしやすさはピカイチ。フットワークが軽く積極的なユーザーが多いので、「とにかく出会いの数を増やしたい!」という人におすすめ。

また、タグ機能を利用して共通の趣味を持つ相手を探せば、気の合う人を簡単に見つけることが出来ます。

2.with(ウィズ)

with
アプリ名with / ウィズ
運営会社株式会社with
運営開始2015年9月
累計登録者数700万
男性料金3,600円
女性料金無料
主な年齢層20代~30代
主な用途婚活,恋活
with基本情報

with(ウィズ)は会員の7割が20代なので、まさに20代の人におすすめしたいマッチングアプリです。

ウィズには、相性診断や性格診断といった機能があるのが特徴。期間ごとに不定期で新しい診断が開催されるので、自分に合う人が見つかりやすくなっています。

またタップル同様、趣味コミュニティ機能が非常に充実しているので「見た目より中身を重視したい」「趣味や価値観の合う人と出会いたい」という人におすすめのアプリです。

マッチング後はメッセージのやり取りをAIがサポートしてくれるので、マッチングアプリ初心者の方やメッセージが苦手な人でも安心して恋活に励むことが出来ます。

3.Omiai(オミアイ)

Omiai(オミアイ)
アプリ名Omiai / オミアイ
運営会社株式会社ネットマーケティング
(東証スタンダード市場上場)
運営開始2012年2月
累計登録者数700万
男性料金3,980円
女性料金無料
主な年齢層20代~40代
主な用途婚活,恋活
Omiai基本情報

Omiai(オミアイ)は数あるマッチングアプリの中でも真剣度が高いことで有名です。

実際にこのアプリで交際に発展した人が多くいるので、「真剣な恋愛がしたい!」という人におすすめ。

Omiaiは「不審なユーザーにはイエローカードで警告」「24時間監視体制」「Facebookとの連携」などの安全に利用できる仕組みが整っています。

マッチングアプリの安全性が不安…という方でも安心して利用することが出来ます。

4.Pairs(ペアーズ)

ペアーズ
アプリ名Pairs / ペアーズ
運営会社株式会社エウレカ
(NASDAQ上場Match Groupの子会社)
運営開始2012年11月
累計登録者数2,000万
男性料金3,590円
女性料金無料
主な年齢層20代~40代
主な用途婚活,恋活,趣味友探し
Pairs基本情報

「日本で一番有名なマッチングアプリ」と言っても過言ではないくらいの実力と知名度を誇るPairs(ペアーズ)。

ペアーズの特徴は、何といってもその会員数。今や累計登録者2000万人を突破し、20代から50代までの幅広い層に人気のマッチングアプリです。

その会員数の多さから、地方に住んでいるユーザーも多数います。地方住まいでなかなかマッチングできなかった経験がある人も、ペアーズなら問題なく出会うことが出来ますよ

5.Dine(ダイン)

dine
アプリ名Dine / ダイン
運営会社株式会社Mrk & Co
運営開始2017年11月
累計登録者数非公表
男性料金25歳以下:3,900円
26歳以上:6,500円
※相手が有料会員なら無料
女性料金25歳以下:3,900円
26歳以上:6,500円
※相手が有料会員なら無料
主な年齢層20代~40代
主な用途恋活,趣味友探し
Dine基本情報

Dine(ダイン)は、今までになかった新しいタイプのマッチングアプリ。

最大の特徴は「ほぼメッセージなしで出会える」ところ。いいねをするタイミングで一緒に行きたいお店を選択。マッチングすれば、後日いきなりデートできるという仕組みなのでスピード感は抜群。

なんとマッチング後の日程選択やお店の予約もアプリ側がしてくれます。メッセージをするのが苦手な人や、すぐに会いたいという人にピッタリのアプリです。

6.いきなりデート

いきなりデート
アプリ名いきなりデート
運営会社コネクト株式会社
運営開始2016年11月
累計登録者数非公表
男性料金4,800円
女性料金無料
主な年齢層20代~30代
主な用途恋活,遊び
いきなりデート基本情報

いきなりデートは、その名前の通りすぐデートが出来るマッチングアプリ。

男性の会員は23歳以上、且つ厳しい審査をクリアした人しか登録できないので、高学歴で容姿端麗の社会人男性と出会いたい女性におすすめです。

いいねやメッセージも必要ないので、手軽にデートまで進めることが出来ます。デートのお店選びも運営側がしてくれるので、お店に悩んだり心配することはありません。

高学歴の男性は他のアプリよりも有利なので、一度登録してみてはどうでしょうか。

20代におすすめの婚活マッチングアプリ3選

次に、20代におすすめの婚活マッチングアプリを3つ紹介します。

1.ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結び
アプリ名ゼクシィ縁結び
運営会社株式会社リクルート
(東証プライム市場上場)
運営開始2014年12月
累計登録者数140万
男性料金4,378円
女性料金4,378円
主な年齢層20代~40代
主な用途婚活
ゼクシィ縁結び基本情報

ゼクシィ縁結びは、2022年オリコン顧客満足度1位にも輝いた実績を持つ、リクルートグループが運営するマッチングアプリ。

その知名度と安心感から、幅広い層のに人気のアプリです。

男女ともに有料なのでユーザーの真剣度も高く、婚活目的として多く利用されています。このアプリを使って実際に結婚できた人も多数報告されているので、結婚を見据えたお付き合いをしたい人にはピッタリ。

ゼクシィ縁結びではコンシェルジュがデートの調節をしてくれるので、安心してデート当日を迎えることが出来ますよ。

2.Omiai(オミアイ)

Omiai(オミアイ)
アプリ名Omiai / オミアイ
運営会社株式会社ネットマーケティング
(東証スタンダード市場上場)
運営開始2012年2月
累計登録者数700万
男性料金3,980円
女性料金無料
主な年齢層20代~40代
主な用途婚活,恋活
Omiai基本情報

先ほど恋活アプリとして紹介したOmiaiですが、婚活目的の人にもぜひ使ってほしいアプリです。

主に20~30代が多く利用しており、恋活・婚活を真剣に考えている人が多いため、他のアプリと比べて出会いやすくなっています。

結婚報告も多数寄せられていて信頼感はバッチリ。安心して婚活に励むことができます。

Omiaiは検索機能も充実しているので、自分の好みに合った相手を簡単に探せるのもこのアプリのおすすめポイントです。

3.Pairs(ペアーズ)

ペアーズ
アプリ名Pairs / ペアーズ
運営会社株式会社エウレカ
(NASDAQ上場Match Groupの子会社)
運営開始2012年11月
累計登録者数2,000万
男性料金3,590円
女性料金無料
主な年齢層20代~40代
主な用途婚活,恋活,趣味友探し
Pairs基本情報

Pairs(ペアーズ)もOmiai同様、婚活にもおすすめできるアプリです。

会員数と幅広いユーザー層が魅力のペアーズは、理想の相手に出会える可能性が高いです。

また、コミュニティチャット機能が充実しているのもペアーズの特徴。

コミュニティチャットは、マッチング関係なく共通の趣味で降り上がれるチャット機能です。興味や関心のあるコミュニティをフォローすると、他の会員と会話を楽しむことが出来ます。

共通の趣味を持つ気の合う相手を見つけやすいので、デートまでスムーズに進めることが出来ますよ。

20代におすすめの遊び相手探しマッチングアプリ3選

ここからは20代におすすめの遊び相手探しマッチングアプリを3つ紹介します。

1.tinder(ティンダー)

tinder
アプリ名tinder / ティンダー
運営会社MG Japan Services 合同会社
(NASDAQ上場Match Groupの子会社)
運営開始2012年11月
累計登録者数非公表(世界1億ダウンロード)
男性料金無料
女性料金無料
主な年齢層20代~30代
主な用途恋活,遊び,趣味友探し
tinder基本情報

累計ダウンロード数が1億を突破し、利用者世NO.1のTinder(ティンダー)。

18~20代前半のZ世代が半分以上を占めており、若い世代に人気のマッチングアプリです

男女とも無料で利用できるので、真剣な恋愛というよりはライトな恋愛や遊び相手探しに利用している人が多い印象。しかしその分登録のハードルも低く、手軽に相手を探すことが出来ます。

左右にフリックする簡単な操作性で、初めての人でも使いやすいアプリです。

2.tantan(タンタン)

tantan(タンタン)
アプリ名tantan(タンタン)
運営会社株式会社tantan japan
運営開始2014年
累計登録者数3億
男性料金基本無料
女性料金無料
主な年齢層20~30代
主な用途恋活,遊び
tantan基本情報

tantan(タンタン)は中国発の「気軽に出会える友達を探す」ことを目的としたマッチングアプリです。

女性だけでなく男性も基本無料で利用できるので、Tinder同様気軽に使えるアプリと言えるでしょう。

tantanは、フットワークが軽いユーザーが多いので他のアプリと比べても比較的マッチングしやすい傾向にあります。

中国発のアプリということもあって、アジア圏の外国人も多く利用しています。日本国内だけでなく、海外の友達が欲しい人にもおすすめです。

3.タップル

タップル
アプリ名tapple / タップル
運営会社株式会社タップル
(株式会社サイバーエージェントの子会社)
運営開始2014年5月
累計登録者数1,500万
男性料金3,700円
女性料金無料
主な年齢層20代~30代
主な用途恋活,遊び,趣味友探し
tapple基本情報

先ほど恋活アプリとして紹介したタップルですが、実は友達作りにも最適なんです!

「気軽に出会える」のコンセプトで若い世代に人気のマッチングアプリで、同世代と出会いたい人におすすめのマッチングアプリです。

タップルには、マッチング前の相手とすぐに会うことが出来る「おでかけ」機能があるので、簡単に出会いを見つけることが出来ます。操作性も簡単で、スワイプするだけの手軽さでアプリを操作するハードルも低いです。

大手のサイバーエージェントという企業が運営しており、安全性も高いので、アプリでの出会いに不安を抱いている人もぜひ一度登録してみてください。

ハイスペ20代におすすめのマッチングアプリ2選

次にハイスペックな20代におすすめのマッチングアプリを2つ紹介します。

年収800万以上などのハイスぺな方はぜひ参考にしてみてくださいね。

1.東カレデート

東カレデート
アプリ名東カレデート
運営会社東京カレンダー株式会社
運営開始2015年9月(※前身のマッチラウンジ)
累計登録者数非公表
男性料金6,500円
女性料金無料
主な年齢層20代~40代
主な用途恋活,遊び,趣味友探し,婚活
東カレデート基本情報

東カレデートは、ハイスペックな男女が集まるマッチングアプリで、会員になるためには入会審査をクリアしなければいけません。

主に男性は「年収」、女性は「容姿」が重視されます。アッパー層向けのアプリなので料金は全体的に高い設定になっています。

しかし、厳しい審査を通ってきた人ばかりなので、会員のレベルが高いのは最大の特徴。東カレデートなら、年収億越えの超エリートやモデル並みに美人の人と出会うことも夢ではありません。

ハイスペックな人と出会いたい人や自分に自信がある人は一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

2.バチェラーデート

バチェラーデート
アプリ名バチェラーデート
運営会社株式会社バチェラーデート
運営開始2018年1月
累計登録者数非公開
男性料金9,800円
女性料金無料
主な年齢層20代~40代
主な用途恋活,遊び
バチェラーデート基本情報

バチェラーデートは「AIが選んだ相手と週に1回自動でデートが決まる」という今までになかった新しいタイプのマッチングアプリです。

東京カレデート同様、入会には審査に合格する必要があり、ハイスペックな男女が集っていると言われています。

相手の顔が分からないままデートが決まるので、そのワクワク感もこのアプリの魅力の一つ。相手との直接的なやり取りなしで出会えるのもおすすめポイントです。

デート場所はアプリ側が決めるということもあって、対応地域北海道・東京・静岡・名古屋・関西・福岡に限られてしまいますが、都市部在住の方は一度登録してみてはいかがでしょうか。

理想の相手に出会うなら複数アプリを使う

マッチングアプリで理想の人と出会うコツとして、複数のアプリを併用して使うのがいいでしょう。

複数のアプリに登録することで出会いの母数が増え、マッチングの確率も大幅にアップします。またアプリによって特徴は様々なので、自分に合ったアプリを見つけるためにもこの方法は有効です。

どんなユーザーがいるかを確認するまでは無料でできるアプリがほとんどなので、上記の紹介を参考にして、まずは気になったアプリをダウンロードしてみることをおすすめします。

20代がマッチングアプリを始める時の注意点3つ

1.初回はお茶やランチで会う

いきなり夜に会うのではなく、初回はお茶やランチで会うことをおすすめします。

最初から夜に会うのは、女性にとっては危険であり、男性にとっても金銭的な負担が大きいというデメリットがあります。

また初デートから夜を指定してしまうと、がっつきすぎていると思われてしまうかもしれません。

ワンナイトや遊び相手を探しているなら話は別ですが、真剣な恋愛を望むならまずはお茶などで会い、少しずつ関係性を深めていくのが無難です。

2.密室や相手の家は仲良くなってから

初めから相手の家に行ったり、いきなり密室で会うのも控えたほうがいいでしょう。

特に女性にとっては人目につかない場所で会うのはリスクが大きいです。いきなり密室や家を提案された場合は、体目的の可能性が高いので、注意しましょう。

相手が信頼できる人だと分かるまでは、人目のつく場所でデートを重ねることが大切です。

3.駆け引きのしすぎには注意

普通の恋愛のように、駆け引きをしたりわざと連絡を遅らせるのはマッチングアプリでは逆効果です。

人気のある人ほど並行して複数人と連絡を取っているため、連絡が来なかった時点で切り替えられてしまう可能性がります。また、相手の素性が分かっていない状態での駆け引きは脈ナシと判断されかねません。

マッチングアプリでは、駆け引きせず真正面から正々堂々とアピールするのが吉。