安全安心マッチングアプリおすすめ10選❤️6つのアプリ選び方のポイントを解説

安全・安心なマッチングアプリおすすめランキング

出会いが欲しいけど、コロナ禍以降飲み会や出会いの場は減ってしまい、マッチングアプリでの出会いに興味がある方もいるのでは?

「ただ、マッチングアプリって安全なのかな?」

「安心して使える、マッチングアプリってどれ?」

という不安を持っている方も多いはず。

本記事では

  • 安全なマッチングアプリ選びの基準
  • おすすめできる安全安心なマッチングアプリ

を詳しくご紹介いたします。

マッチングアプリを始めることに対して不安がある方は、ぜひ本記事を安全なマッチングアプリ選びの参考にしてみてくださいね。

14の人気アプリを徹底比較した「おすすめマッチングアプリ14選!本当に出会えるアプリをプロが紹介」もぜひチェックしてみてください。

安全安心なマッチングアプリ選び6つのポイント

まず最初に、安全なマッチングアプリ選びにおいて重要な、6つのポイントをご紹介します。

  1. インターネット異性紹介事業に登録している
  2. 24時間365日の監視体制
  3. 年齢確認・本人確認がある
  4. 月額料金が有料
  5. 既婚者の登録を利用規約で禁止している
  6. ユーザー通報機能がある

1.インターネット異性紹介事業に登録している

まず、大前提として全ての異性との出会いを前提とするマッチングアプリは「インターネット異性紹介事業の届け出」を義務付けられています。

簡単に説明をすると、面識のない男女が、メールを利用して連絡を取ることや、異性間の出会いに関する情報をイターネット上に提供するサービスを行っている事業者は届け出が必要なのです。

仮に異性紹介事業の届出を行なっていない場合は、認められていない事業者の可能性もあるので、絶対に利用しないようにしましょう。

以下のように、公式サイト下部に記載しているマッチングアプリがほとんどなので、気になった場合は事前にチェックすることをおすすめします。

ペアーズ インターネット異性紹介事業届出済み
Pairs公式サイト

2.24時間365日の監視体制

マッチングアプリを安全に利用するには、24時間365日監視体制があるかどうかも重要なポイント。

ほとんどのアプリが、常に不審なユーザーを監視したり、ユーザー間のトラブルに備えてカスタマーサポートによる、監視体制を敷いています。

ユーザーの利用状況を確認し、業者や既婚者、規約違反を行ったユーザーについては、利用禁止にするなど、正しく利用しているユーザーを守っているのです。
メッセージの内容で不適切なものなども監視しているので、安全にメッセージのやり取りができます

3.年齢確認・本人確認がある

「年齢確認」があるかどうかも安全なマッチングアプリ選びでは非常に重要なポイント。

インターネット異性紹介業に登録している事業者は、年齢確認を義務付けられているので、万が一年齢確認がない場合は怪しいと思った方がいいでしょう。

公的身分証の登録は必須なので、18歳以下で年齢を偽っての登録や、ネカマなど性別を偽って登録することもできないようになっている、安心のシステムです。

4.月額料金が有料

次に安全なマッチングアプリ選びで重要なポイントは「月額料金が有料」かどうか。

月額料金は、男性が有料で女性が無料のケースが多く、男性も無料のマッチングアプリを使いたくなる気持ちもわかります。

ただ、完全月額無料のアプリは危険な場合もあるため、注意が必要です。

5.既婚者の登録を利用規約で禁止している

真面目に恋人を探している人なら「既婚者の登録を禁止しているかどうか」も安心してマッチングアプリを使う上では重要ですよね。

既婚者との出会いはトラブルになることが多いので、多くのアプリでは登録はできないようになっています。

利用規約にも既婚者の登録は禁止となっており、規約違反の場合の多くは強制退会などもあるので、規約を確認してから登録するのがいいでしょう。

6.ユーザー通報機能がある

安全なマッチングアプリ選びの最後のポイントは「通報機能」があるアプリを選ぶことです。

通報機能はユーザーを守る大切な機能です。メッセージでのやり取りで不快、不審な発言を繰り返すユーザーを通報をすることができます。通報した際は誰が通報したか、本人にはわからないようになっているので、安心して通報機能を使用し、自分を守ることができます。

安全・安心な恋活マッチングアプリおすすめランキング6選

上記の条件をクリアした、安全かつ安心して利用できる「恋活におすすめなマッチングアプリ」を6つご紹介します。

  1. タップル
  2. with
  3. Omiai
  4. Pairs
  5. Dine
  6. 東カレデート

1.タップル

タップル
アプリ名tapple / タップル
運営会社株式会社タップル
(株式会社サイバーエージェントの子会社)
運営開始2014年5月
累計登録者数1,500万
男性料金3,700円
女性料金無料
主な年齢層20代~30代
主な用途恋活,遊び,趣味友探し
tapple基本情報

タップルは恋活だけでなく、遊びの友達や趣味の友達探しにも使えるマッチングアプリ。

サイバーエージェントグループが運営するマッチングアプリで、紹介した安全の基準を満たしていることはもちろん、会員数が1,500万人を突破した人気のアプリでもあります。

タップルはしたいデートの内容でマッチングできたり、今からデートできる人を募集できる機能もあります。

デート内容でマッチング

また、左右にフリックしてマッチングする気軽さもタップルの人気のポイントです。安全だけど気軽に使えるのがタップルのメリットといえるでしょう。

タップルは左右にフリックしてマッチング

2.with(ウィズ)

with
アプリ名with / ウィズ
運営会社株式会社with
運営開始2015年9月
累計登録者数700万
男性料金3,600円
女性料金無料
主な年齢層20代~30代
主な用途婚活,恋活
with基本情報

with(ウィズ)は、性格分析や相性診断などの心理テストの結果をもとに、相性のいい人を探すことができるマッチングアプリ。
定期的に新しいユニークな相性診断が公開されるので、話題作りにも困らないでしょう。

withの性格診断

内面重視で探すことができるのがwithの特徴で、じっくりと相性のいい人を探してから会いたい、という人にはおすすめです。

3.Omiai(オミアイ)

Omiai(オミアイ)
アプリ名Omiai / オミアイ
運営会社株式会社ネットマーケティング
(東証スタンダード市場上場)
運営開始2012年2月
累計登録者数700万
男性料金3,980円
女性料金無料
主な年齢層20代~40代
主な用途婚活,恋活
Omiai基本情報

Omiaiは真剣な恋活におすすめな、上場企業の運営する安全なマッチングアプリ。

タップルやWithに比べると、25~35歳のアラサー世代の登録も多く、カジュアルな恋愛というよりは、将来的に結婚を見据えた恋愛がしたい方におすすめのマッチングアプリです。

Omiaiは身バレ防止機能が無料で使えるので、「もし知り合いに見つかったら…」なんて心配をせずに、安心して利用できるのも嬉しいポイントです。

4.Pairs(ペアーズ)

ペアーズ
アプリ名Pairs / ペアーズ
運営会社株式会社エウレカ
(NASDAQ上場Match Groupの子会社)
運営開始2012年11月
累計登録者数2,000万
男性料金3,590円
女性料金無料
主な年齢層20代~40代
主な用途婚活,恋活,趣味友探し
Pairs基本情報

ペアーズは登録者数が2,000万人と圧倒的な登録数を誇る国内でもトップクラスのマッチングアプリ。ペアーズの運営会社、エウレカ社は、matchやtinderを運営する、アメリカのナスダック上場企業「match group」の子会社でもあります。

年齢層も広く、ユーザー数も多いことから、地方住まいでも安心して出会いを探すことができるのは、ペアーズのメリットです。
また、当然ながらメッセージの送信には、本人確認されていることが必須条件なので、遊び感覚で登録している人は少ないので、安心してメッセージのやり取りを行うことができます。

5.Dine(ダイン)

dine
アプリ名Dine / ダイン
運営会社株式会社Mrk & Co
運営開始2017年11月
累計登録者数非公表
男性料金25歳以下:3,900円
26歳以上:6,500円
※相手が有料会員なら無料
女性料金25歳以下:3,900円
26歳以上:6,500円
※相手が有料会員なら無料
主な年齢層20代~40代
主な用途恋活,趣味友探し
Dine基本情報

Dineは、「出会いの最短距離」をキャッチフレーズとして掲げるマッチングアプリ。

ほかのマッチングアプリとは異なり、メッセージなどを省き、マッチング後にお店を選択するだけで、すぐに食事に行くことができます。

dineはメッセージ不要でデートできる


自分の日程を登録しておけば、自動で日程調整も行ってくれるので、メッセージのやり取りが苦手だったり、最短で会いたい人向けのアプリです。

Dineはメッセージする相手が有料会員の場合は、自分が無料会員でもやり取りをすることが可能。招待コードがあれば男性でも1週間は無料で使用できるので、まずは無料で登録して様子を見てから有料会員になることもできます。

6.東カレデート

東カレデート
アプリ名東カレデート
運営会社東京カレンダー株式会社
運営開始2015年9月(※前身のマッチラウンジ)
累計登録者数非公表
男性料金6,500円
女性料金無料
主な年齢層20代~40代
主な用途恋活,遊び,趣味友探し,婚活
東カレデート基本情報

東カレデートは東京カレンダーの会社が運営する、「東京カレンダーのハイスペックな男女が出会える世界観を体現したマッチングアプリ」

完全審査制であることが特徴で、登録の際に特に男性は年収・容姿、女性は容姿・年齢を審査されます。

登録してしまえば、ハイクラスな男女ばかりが集まっているため、ある意味安心して出会えるアプリといえるでしょう。
ハイスペックな相手との出会いを求めるのであれば、ほかのアプリを使用すより、審査の厳しい東カレデートに登録するのが近道といえます。

安全・安心な婚活マッチングアプリおすすめランキング4選

続いて、「交際して1年以内には結婚を目指せる相手と出会いたい」という方におすすめできる、安心・安全な婚活アプリを4つご紹介します。

  1. ゼクシィ縁結び
  2. youbride
  3. match
  4. ブライダルネット

1.ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結び
アプリ名ゼクシィ縁結び
運営会社株式会社リクルート
(東証プライム市場上場)
運営開始2014年12月
累計登録者数140万
男性料金4,378円
女性料金4,378円
主な年齢層20代~40代
主な用途婚活
ゼクシィ縁結び基本情報

ゼクシィ縁結びは大手の株式会社リクルートが運営している、あのゼクシィが手がけるマッチングアプリ。

安心して利用できるのはもちろんのこと、コンシェルジュによるデート調整代行もあるので、セッティングが苦手な方でも安心して利用できるのが大きな特徴。

18の質問から価値観を診断し、相性のいい人の紹介や、好み検索を学習しておすすめ検索ができるようになっています。

ゼクシィ縁結びは、男女ともに有料であるため、本気度の高い人が多く、約8割の人が半年以内に素敵なパートナーを見つけているというデータもあるようです。

2.youbride(ユーブライド)

youbride
アプリ名youbride / ユーブライド
運営会社株式会社IBJ
(東証プライム市場上場)
運営開始1999年
累計登録者数240万
男性料金4,300円
※相手が有料会員なら無料でメッセージ可能
女性料金4,300円
※相手が有料会員なら無料でメッセージ可能
主な年齢層20代~40代
主な用途婚活
youbride基本情報

youbrideは30代から40代の会員が中心の大人男女向けのマッチングアプリ。youbrideは結婚相談所などを運営する東証プライム上場企業のIBJが運営しています。

他のマッチングアプリに比べると、比較的年齢層も高く、バツイチの男女の登録数もほかのアプリより多い傾向にあります。
また、安心に使えるポイントとして運営が掲げている「さくら0宣言」というのがあり、悪質ななりすましや業者などを完全に排除する監視体制があるので、安心してパートナー探しができるようになっています。

3.match(マッチ)

match.
アプリ名match / マッチ
運営会社Match.com, L.L.C.
(NASDAQ上場Match Groupの子会社)
運営開始1995年4月
累計登録者数非公表
男性料金4,490円
女性料金4,490円
主な年齢層30代~50代
主な用途婚活,恋活
match基本情報

matchは日本人だけでなく、世界24か国で使用され、15の言語でサービスを行っているグローバルなマッチングアプリ。

ユーザーも年齢層が30代から40代となっており、約7割の会員が結婚を視野に入れているので、結婚に真剣な人を探すのにはおすすめです。

また、7つ公的書類を提出するとプロフィールにもアイコンが表示されるので、信頼感も高く、よりマッチング率を上げることができます。

4.ブライダルネット

ブライダルネット
アプリ名ブライダルネット
運営会社株式会社IBJ
東証プライム市場上場
運営開始2000年
累計登録者数30万人
男性料金3,980円
女性料金無料
主な年齢層30代~40代
主な用途婚活
ブライダルネット基本情報

ブライダルネットは婚活アプリを全く利用したことない人や、アプリ内操作に不安がある人におすすめのマッチングアプリ。youbride同様にIBJが運営しているアプリです。

ブライダルネットは、一人ひとりにサポートがつくため、これまで他のアプリではなかなか出会えなかったという方でも、安心して出会い探しに集中できます。サポート内容には、プロフィールの添削や写真の選び方なども教えてくれるので、自然とマッチング率が高くなるでしょう。

危険を避けて安全・安心にマッチングアプリを使うためのコツ

安全にマッチングアプリで理想の相手を見つけるには、アプリ選びだけでなく「使い方」も非常に重要です。

危険を避けて安心してマッチングアプリを使うための5つのポイントを紹介します。

  1. マッチングしていきなり会わない
  2. 初回はお茶・ランチで
  3. 待ち合わせは人目のある場所で
  4. お店は事前に決めておく
  5. 体の関係を持つのはデートを重ねたあとで

1.マッチングしていきなり会わない

安全に使いたいなら、マッチングしていきなり会うのは避けた方が無難。

中には身体目的の人やマルチの勧誘などの可能性もあります。そのような人はメッセージなど面倒なことは飛ばして、手っ取り早く会うことを優先する傾向が高いため、しっかりとメッセージや電話をして相手の人柄が大体わかったうえで、初デートをするのがおすすめです。

2.初回はお茶・ランチで

マッチング後、初めて会うときはできるだけ他の人の目があり、時間帯もお昼が安心です。

昼間の人の多い時間でのランチの場合、他人の目もあり、危険が及ぶこともないので、安全に相手との時間を楽しむことができるでしょう。

3.待ち合わせは人目のある場所で

待ち合わせの際も、人目が多い安全な場所で会うことをおすすめします。

あまり人気のないところでの待ち合わせは、何があるかわかりませんし、相手が一人で来るとも限らないので、有名な待ち合わせスポットや、駅の改札、施設の前など、人通りも多い場所を選びましょう。

4.お店は事前に決めておく

個室のお店なども注意が必要な場合があるので、お店に行くときは事前に場所を確認し、口コミなども見てみましょう。

知り合いのお店だから、とぼったくりバーに連れていかれる事例も報告されているため、注意が必要です。相手の好みなどを聞く際に、自分の知っているお店などの候補をあげて一緒に検討してみるのもおすすめです。

5.体の関係を持つのはデートを重ねたあとで

初回デートで体の関係を持ってしまうと、そこからは手軽な人、と認定されてしまい恋人関係に発展することはほとんどないといえます。

安心できる恋人やパートナーを探すなら、初回のデートで体の関係を持つのは男女共に避けるのがおすすめです。
身体の関係だけならまだいいですが、万が一にも動画などを撮られてしまった場合、その後のトラブル発展にもつながってしまうので、自衛のためにもホテルに行くなどの行為は避けましょう

マッチングアプリに潜む安全を脅かす危険人物5パターン

最後に、マッチングアプリによくいる安全を脅かす危険人物を5パターン紹介します。

危険人物には、メッセージなどでの傾向もあるので、自分が危険に会わないために、以下の人には気を付けましょう。

  1. 中華系の美人女性
  2. ホスト
  3. 勧誘女性
  4. 既婚者
  5. ヤリモク

1.中華系の美人女性

高年収で、30歳前後のかなり美人の中華系女性がなぜかマッチングアプリには紛れていることがありますが、多くは業者です。

メッセージをはじめた早い段階で、外部SNSなどに誘導された場合は、架空請求や個人情報を抜かれたりしてしまう可能性もあるので、そのままフェードアウトしましょう。

プロフィール欄も埋まっていない場合も多いので、メッセージをはじめる前に内容を確認し、危険回避することもできます。

2.ホスト

会う場所を新宿などの歓楽街で指定してきたり、場所を変える提案を行っても対応してくれない場合はホスト可能性が高いです。

ホストの場合は、自分の顧客獲得に使用している人が多いため、夜にしか返信が来なかったりお酒好きをアピールしている人には気を付けましょう。

自分のお店でのもうなどと誘われ、多額の請求につながってしまうパターンもあるで注意が必要です。

3.勧誘女性

メッセージのやり取りの中で、保険や投資などの仕事の話をちらつかせている相手には気を付けましょう。

会うまでは仕事熱心な人、で片付いていても、デートの時に商材や保険の案内をされたり、アムウェイなどに勧誘される場合もあります。

実際にあったりしないとわからない場合もあるので、そういったときは断固として拒否する勇気が必要です。

4.既婚者

既婚者を見定めるのは難しいですが、土日休みの仕事のはずなのに土日に会えないイベント(誕生日当日、クリスマス、年末年始)に会えない場合は既婚者の可能性が高いです。

少しでも不安な場合、フェイスブックやInstagramなど、ほかのSNSでつながって、投稿から相手のことを確認することも必要です。

5.ヤリモク

ヤリモクもマッチングアプリにはかなり多く存在しています。わかりやすいのは、いきなり家に誘ってくるタイプの人です。こういった人は120%ヤリモクなので、自分がそれでもいいと思わない限りは、2回目は会わない方が安全です。

メッセージの初期段階で連絡先の交換や下ネタの会話、二人きりになりたがるような人は危険度が高いので、少しでも危険信号を感じたら会うのはやめておきましょう。