連載 私の7つ道具 〜都営バス自動車工場編
写真: 第1回 ネジ山を切る道具「タップ」「ダイス」と専用ハンドル

都営交通で働く職員たちは、専門的な知識と経験が必要とされます。毎日のスムーズな運行と、お客様の安心と安全を守るため、裏方として都営交通を支える職員の仕事道具。今回は、都営バスの整備を行う自動車工場の"7つ道具"を紹介します。

第1回ネジ山を切る道具「タップ」「ダイス」と専用ハンドル

都営バスの車体には、無数のネジが使われています。整備作業の際、古くなったネジのロック剤(緩み止め)を取り除いたり、傷んだネジの溝を切り直したりするのも、自動車工場の大切な作業のひとつです。雌ネジに差し込んで使う棒状の「タップ」と、雄ネジをはめ込む丸形の「ダイス」は、ともにネジ切りの専用道具で、さまざまなサイズを取りそろえています。「タップ」と「ダイス」の装着用ハンドルも、状況などに応じて既製品を加工するだけでなく、自ら制作もしています。

ページの先頭へ